SiteMap

人工透析の種類

車椅子

人口透析を受ける人は年々増加傾向にあります。そもそも人工透析とは、腎臓の機能が10%以下に低下すると尿毒症など起こす可能性があるため、低下した腎臓に代わり血液を浄化し腎臓の機能の一部を人工的に補う治療法です。人口透析の種類は大きく分けて「血液透析」と「腹膜透析」の2種類あります。「血液透析」とは、医療機関で行うため週3回通院する必要があり1回約4~5時間かかります。
血液を体の外に取り出し、機械を使って体にたまった余分な水分や老廃物を取り除く方法です。「腹膜透析」とは、自宅や職場で行う事ができ通院は月1~2回必要です。お腹にある腹膜を利用して、腹膜透析カテーテルという管を使い透析液を腹腔に貯めます。お腹の中に透析液を出し入れすることで身体の中の毒素や余分な水分を除去する透析療法です。就寝中に機械を使って自動的に腹膜透析をする方法のAPDと、1日4回程度透析液を交換する方法のCAPDがあります。
腹膜透析は本人や家族が行うため、医者や看護師がいない自宅などで治療を行うのは不安だ。などといった声も少なくはありません。透析治療は長く続く治療法です。治療方法も途中で変更することが可能なので患者自体の病状や生活状況、家族などを考慮し決定することが大事です。