SiteMap

人工透析の大変さ

透析を岡山で受けるなら西大寺病院へ
岡山で透析を受けようと思っている方はこちらの病院へ相談してください。透析治療で数ある実績を残しているので安心して受けることができると思います。


人工透析は、腎臓に疾患を抱え、弱ってしまった腎臓の機能を、機械が補助しながら行う治療方法です。腎臓は、体内の浄化槽のような役割を担っており、血液をろ過して老廃物を取り除いています。また、体内の塩分や水分の量を調整する機能もあり、これらの役割が正常に行われていなければ、生命が危機にさらされます。腎不全などで腎臓の機能が低下してしまうを防ぐために、機械を使って人工的にこれらの役割を補助するのが人工透析です。
腎臓の機能は一度悪くなると治ることはなく、一度人工透析を始めると生涯にわたって定期的に治療を行わなければなりません。やはり、一番大変なのは定期的に治療に通わなければならないことでしょう。週に3回、1回あたり4時間ほどかかります。治療にこれだけの時間がかかるのであって、通院する時間や労力を考えると、さらに負担は大きくなります。岡山にはそういった治療を行える施設が多くあり岡山県民の生活を支えています。また、治療中は動き回ることができません。健康であれば24時間365日腎臓が行う働きを、4時間程度で急激に行うので、それだけ体に負担もかかります。
人工透析はあくまでも腎臓の働きの一部を補助するためのものであるので、腎臓の疾患の治療ではありません。そのため、疾患の治療のための通院や投薬治療などは別に必要になるわけです。また、所得によって公的な助成制度があるとはいえ、少なからず医療費もかかります。こういったことから、やはり心身の負担は大きいと言えます。しかし岡山県なら身近にそういった治療を行える施設が充実しているので安心して暮らすことができます。

透析は大変な治療で周囲の人の理解が必要

岡山でも近年増加傾向にある人工透析はに皆さんご存知と思いますが、腎臓が機能しなくなってしまった人に対しての治療ですが、とても大変な治療で、勿論ご家族の理解と協力が無くてな成り立たない治療です。そもそも腎臓は体内や血液等の中に溜まってしまった老廃物や余分な水分等をを体外に排出させる機能がありますが、慢性の腎不全などを起こしてしまった患者さんは、その機能が失われてしまう為に、人工的に血液を浄化させる必要があります。
この治療方法が人工透析と言います。人工透析の大変な所は何と言ってもその治療時間の長さです。体内にある血液を一旦身体の外に出し、血液の浄化を行った後に体内に戻す物ですが、ポンプが付いた透析機を使い時間を掛けて少しずつ血液の浄化を行うので、1回当たりの治療時間は4時間ほど掛かり、週に2回から3回行う事になります。又、仮に慢性の腎臓病の場合にはこの透析治療を一生続ける必要があります。その為、一般に会社等にお勤めをされている方や学生さんには、その治療に要する時間をどの様に作るかが大きな課題になります。
又、この様な立場にいらっしゃる患者さんの場合には、会社や職場の上司や同僚、学生の場合には学校の先生方の理解が必要になります。周囲にいる方の理解を得る事がとても大変です。又、食事の制限も掛かりますので、食事の世話をしてくれるご家族も、病気の事は元より食事についても理解をして貰う事が大切です。岡山では透析施設も多くあり充実していて広く岡山県民の生活を支えております。

透析患者の国内旅行について

岡山でも近年増えつつある人工透析を受けている方は、1週間に決まった曜日に透析を受けなければなりませんが旅行に行く事ができます。ご自身の体調管理が出来て、主治医から許可が出れば旅行先で透析を受ける事ができます。
まず、旅行先で透析が受けられる医療機関を探します。透析を受けている医療機関が、岡山の総合病院や透析センターなどの場合は紹介して頂ける病院もありますが、診療所や開業医で受けている場合はご自身で探さなければなりません。今はネットで検索すると、旅行先の医療機関が出てきますので連絡をとり予約をします。
また、各都道府県には腎友会と言う組織があり、そこに連絡をすると透析の受けられる医療機関を紹介してくれます。透析が受けられる医療機関が見つかったら、岡山の主治医に伝えて紹介状や検査データなどをお願いします。事前にFAXを入れておくと安心出来ます。旅行に出かける時には、保険証や障害者手帳や特定疾患療養受給者証などを忘れないでください。
旅行先の医療機関では医療費助成制度は使えない場合が多いので、帰ってきたらお住まいの市町村で手続きをして助成金を支給してもらうのですが、市町村によって手続きが異なるため、なにが必要になるのか事前に確認してください。安心して旅行に行くために、事前の手続きが重要になります。

メニュー